バイク保険情報の「バイク保険を理解する」です。

安心してバイクに乗るための保険

バイクを使用する際に加入するべき保険は、自賠責保険と任意保険の2種類に分けられます。自賠責保険では、バイクを運転中に自分が加害者となる事故を起こし、相手を死傷させてしまった際、支払い限度額の範囲内で損害賠償としての保険金が支払われます。
しかし、近年の人身事故における高額賠償が認められた判決例を見ると、3億円を超えるものも珍しくはありません。一方で、自賠責保険における最も高い支払い限度額は、最も重度である第1級の後遺障害の中でも介護を必要とする場合に設定されている4,000万円であり、また死亡した場合にも支払い限度額は3,000万円と設定されているので、判決において認められている高額賠償額には到底届かないレベルであることがわかります。
そのために、バイクの運転者に加入が義務付けられている自賠責保険と合わせて、2つ目の保険として任意保険に加入する必要があるのです。バイクの任意保険において補償されるのは、バイク事故において相手が死傷した際の対人賠償保険、事故によって相手の財物を損壊してしまった際の対物賠償保険、また、バイクを運転していた運転者と同乗者が死傷した場合の搭乗者傷害保険や人身傷害保険などです。
対人賠償保険は、自賠責保険で補償される内容と同じなのですが、自賠責保険では支払い限度額が設けられているのに対し、任意保険の対人賠償では、支払い限度額を設定せず無制限に保険金が支払われる条件設定も可能です。また対物賠償保険に関しても、加入者が希望すれば支払いを無制限に設定することが可能です。支払い限度額を設定することも可能ですが、対物無制限の場合と対物に限度額を設けた場合の保険料の差額は、全体に比べるとそれほど大きくない場合が多いです。バイクだからそれほど大きな損害額にはならないと思いがちですが、不測の事態が起きるからこそ事故であり、その不測の事態に備えて加入するのが保険ですから、保険料に大差がないのであれば無制限の選択も検討すると良いと思います。
相手への賠償だけでなく、自分側のバイクに乗っていた人の怪我や死亡・後遺障害に対する補償も大切です。車であれば多少の接触事故であっても、車のボディに守られているため大きな怪我につながらないケースも数多く存在しますが、バイクの場合は接触事故や自損事故によって大きな怪我につながりやすいものです。運転していた自分自身の死傷に備えることも大切ですが、それ以上に、他人を同乗させながら事故により同乗者を死傷させてしまった場合の補償は、欠かすことのできない大切な補償です。

このページのトップへ

Copyright(C) バイク保険を理解する All Rights Reserved.